iライン脱毛の痛みを軽減するために

iライン脱毛の痛みを和らげるには?

iライン脱毛の痛みを軽減するために



全身脱毛をする場合、どの方法でも少なからず痛みが生じます。 医療レーザーで行う脱毛はレーザーの出力が高いため効果を実感できるのが早いですが、その分痛みが強いとされています。

対して、サロンなどで行うレーザー脱毛は医療レーザーに比べ出力が低く、あまり痛みがありません。 しかし、脱毛をする部位によっては強く痛みが出るところもあるようです。 脱毛サロンで痛みを感じやすい部分は?というと、それは皮膚が柔らかく毛が濃い部分です。
全身脱毛にはどのくらいの期間がかかるの?

そもそもレーザー脱毛のレーザーは、毛根に向けて照射します。 毛が太い部分であればレーザーの光を強く当てなければなりません。 当然痛みが強く出てしまいます。 主にVラインとIラインの痛みが強く出るようです。 例えるなら、輪ゴムを強くはじいた時のようなあの痛みです。

ですが、前述の通り、痛みを感じる原因はその部分に毛が密集しており、毛が太いからです。 回数を重ねるごとに、毛の密集度は低くなります。初めの数回を我慢すれば、あとはそれほど痛くないようなので安心してください。

それでも痛みを軽減したい場合は、どうすればよいでしょうか。 それはカフェインを当日に摂取しないこと。 鎮静剤を数時間前に飲むこと。 睡眠をしっかりとり、心身共にリラックスした状態で受けるようにすること。 この3点を実行してみてください。
広尾プライム皮膚科

また肌の乾燥はかゆみや痛みが出ます。 施術後のお風呂上りなどは、しっかりと保湿をして感想を防ぎましょう。 日焼けも厳禁です。 日焼け止めは塗れませんから、脱毛する時期も考慮しなければなりません。 施術後の患部は擦らず、刺激を与えないよう注意が必要です。

なにより痛みは先入観からくるものもあります。 脱毛は痛みがあると考えれば考えるほど、体が身構えてしまいます。 事前にパッチテストを受け、どれほどのものか体験してみるのも良いでしょう。 友達と連れ立って脱毛を受けることも、心をリラックスさせ痛みを軽減できるひとつの方法です。

エステ脱毛のメリットとは?

脱毛方法にはいろいろなものがあります。 例えば、脱毛とは違いますが自宅でカミソリや電気シェーバーを使ってムダ毛の処理をしているという方も多いでしょう。

こちらの方法はとても手軽であるため、エステサロンで脱毛するメリットがよくわからないという方も多いかもしれません。 エステサロンで脱毛する大きなメリットとして挙げられるのが、肌への負担を抑えられるということです。

確かに自己処理はとても手軽ではありますが、肌に与える負担というのは非常に大きく、継続的に自己処理をしていくと肌トラブルにつながってしまう可能性も考えられます。

特に肌が弱い方の場合、毎回自己処理をするというのは大変なことですよね。エステで脱毛を完了してしまえば定期的に自己処理をする必要もなくなるため、肌の負担を抑えることができます。

それに、今は多くのエステがあり、それぞれが競争していることからどこでもお得なプランを用意し、お客さんの獲得に力を入れているので料金面でも昔に比べてかなりお得になりました。

ただ、エステでの脱毛というとどうしても痛みが強いのでは…と不安に思ってしまうかもしれません。エステではクリニックに比べて弱めの脱毛機が使われており、痛みも抑えることができます。

それに、万が一何らかの肌トラブルにつながってしまった場合には、専門的な知識を持った方がいるわけなのですぐに対策を取ってもらえるので安心です。

エステでの脱毛が気になっているけれどどうしても勇気が出ないという方は、まずは小さな部位の施術から試してみると良いでしょう。お試しコースとしてかなりお得なプランを用意しているエステサロンもあります。

自分で実際に試してみれば痛みの強さやお店の雰囲気もわかりますよね。どのエステサロンを選択するかによってサービスなどは全く違うので、納得の行くお店を探してみてはどうでしょうか。

毎回自己処理をしていくとなるとどうしてもムダ毛処理に長い時間を取る形になってしまいます。ムダ毛処理に費やしている時間が無駄だと感じている方はエステサロンでキレイな肌を手に入れてみましょう。

脱毛をしたらアフターケアをしっかりと!

脱毛した後は、アフターケアを行わなければなりません。家庭でのケアが必要かどうかというのは選択するエステやコースによっても違うので、確認しておくと良いですね。

一般的にエステではどのようなアフターケアが行われるのかというと、多くの場合は冷却や保湿といったことが行われます。

エステの脱毛は毛根に熱を与えて働きを弱める施術となるため、脱毛後の肌は熱を持った状態となるのです。これによる肌のダメージを抑えるためにしっかり冷却をし、アフターケアをします。

これだけでは肌が乾燥しやすい状態であるため、保湿化粧水などを塗る形になるでしょう。

こういったアフターケアをすべてエステ側で行ってくれるとしても、自分でも注意しておかなければならないことがあります。それは、日焼けに注意するということです。

脱毛後の肌はデリケートな状態になっており、日焼けをしやすくなっているので注意が必要です。それから、肌の乾燥を防ぐために自分でも化粧水を塗るなどしてアフターケアをしましょう。

アフターケアに必要となるアイテムはエステの方でも購入できる場合があるのですが、必ずしもそれを使わなければならないというわけではありません。

中にはかなり高いものもあるため、無理をして購入するのではなく、自分で効果的だと思われるものを探して購入すると良いですね。

脱毛方法として、脱毛サロンやエステではなく、家庭用脱毛器を使う方もいるでしょう。お店で脱毛する場合にはアフターケアまでしっかり指導してもらえますが、家庭用脱毛器を使う場合にはアフターケアも自分で行う必要があります。

ケアの方法については家庭用脱毛器の取り扱い説明書に書かれていることが多いため、よく確認した上で正しいアフターケアを実践していきましょう。

家庭でアフターケアを行う場合もエステで行われるケアと変わりはありません。 もしも何らかの肌トラブルが起きてしまった場合には、迷わず皮膚科に相談した方が良いでしょう。